尿トラブルの基本

頻尿の症状と主な原因をまとめてみました。

投稿日:2017-10-07 更新日:

頻尿ってどんな症状?

頻尿とはどんな症状かといえば、もちろん「おしっこの回数が多くなる症状」ですね。トイレに頻繁に行きたくなるような症状を、一般的に〈頻尿〉とよびます。では、その回数についてですが、人は、具体的に何回以上トイレに行けば〈頻尿〉の部類にはいるのでしょうか?これももちろん個人差がありますが、一般的に、朝起きてから夜寝るまでの間に8回以上排尿する状態を頻尿と呼ぶそうです。また、就寝後も尿意を感じ、何度か起きてしまう症状を〈夜間頻尿〉といいます。夜間頻尿で、たびたび目が覚め、翌日以降に睡眠不足が続くと日常生活に支障をきたします。夜間頻尿は加齢とともに増え、40歳以上の約4500万人の男女に、夜間1~2回以上排尿のために起きる夜間頻尿があるとのデータもあるそうです。(五本木クリニックより)

頻尿の種類


ひと言で「頻尿」といっても、頻尿にはいくつか種類があります。最も多いタイプが、幅広い年齢層の患者がいて、主にストレスが原因の「神経性頻尿」。そして近年悩む人が増加している「加活動膀胱」。頻尿全体の約70%が、これら2つのタイプに該当すると言われています。(その他の中でも、男性では前立腺肥大、女性では骨盤低筋のゆるみ等は近年激増しています。)

頻尿のおもな原因って?

上にも書きましたが、頻尿の原因は様々です。単に日常的に水分を取り過ぎというケースもあれば、膀胱がん等の深刻な病気が影響していることもあります。また、ストレス等による心理的要因が影響していることも多いといいます。そんな中、頻尿の原因として近年激増しているのが「過活動膀胱」。男性では「前立腺肥大」、女性では「骨盤底筋のゆるみ」も多いですね。

過活動膀胱

男女問わず頻尿の原因として多いのが過活動膀胱。過活動膀胱とは、簡単に言えば、膀胱の筋肉が過剰に収縮してしまい、膀胱に尿を貯める絶対量が少なくなってしまう症状です。膀胱内にあまり尿を貯めることが出来ないということは、つまり、尿を体外に排出しなければならない。結果として、急に強い尿意を感じたり、トイレの回数が増えたり、おしっこが我慢できなくなる。つまり頻尿になってしまうわけです。過活動性膀胱は、日本で800万人以上の人が罹っているといわれています。

前立腺肥大

男性の場合、前立腺肥大も頻尿の大きな原因のひとつとなっています。前立腺は男性特有の器官ですが、その前立腺が肥大化すると尿道が圧迫され、尿が出にくく、残尿感や尿勢低下、頻尿などのトラブルが誘因されます。60歳の男性の2人に1人は前立腺肥大が認められ、その割合は年齢と共に増加することが明らかになっています。

骨盤底筋のゆるみ

女性では、骨盤底筋のゆるみも頻尿の大きな原因のひとつです。骨盤底筋は、その名の通り、骨盤の下の筋肉。膀胱や尿道、子宮などを支える筋肉です。この骨盤底筋が緩む尿道口をしっかり締めつけることができず尿漏れ頻尿などのトラブルが誘因されます。骨盤底筋がゆるむ要因は妊娠や出産運動不足年齢的な筋肉の衰えなどがあるようです。

-尿トラブルの基本

執筆者:

関連記事

頻尿を改善できるお手軽トレーニングを紹介!

簡単にできる自主トレーニングで頻尿を改善! 頻尿や尿漏れの改善には、食生活や生活習慣を見直すことも重要ですが、それに加えて、お家で簡単に出来る「頻尿・尿漏れ改善トレーニング」に挑戦してみることもおスス …

「自分は頻尿」と考える前に、まず正常な排尿について理解しましょう。

そもそも、正常な排尿ってどんな状態? 排尿は人間だれもが毎日おこなう、ある種の生理現象です。頻尿や尿漏れは今や中高年の多くが悩んでいる代表的な尿トラブルですが、その原因や改善方法を知るためには、まず、 …

頻尿トラブルの改善に効果的な食材とは?

毎日の食生活で頻尿を改善! 頻尿や尿漏れなどの尿トラブルを改善するには、日常生活、特に食生活を見つめなおすことも大切です。当サイトは頻尿に効果的なサプリメントを厳選して紹介していますが、そういった頻尿 …

なるべく避けたい、頻尿・尿漏れの改善に逆効果な食べ物とは?

ダメ!頻尿対策に逆効果な食材 頻尿や尿漏れなどの尿トラブルを改善するにあたって、なるべくなら避けたほうがよい食べ物があります。それは、ひと言でいえば“腎機能への刺激が強い食べ物”。膀胱をはじめとした肝 …